フリーターのままずっといると、大変になる

今は、フリーターで生活している人も多いです。

フリーターになってしまう典型として多いのが、就職できないまま学校を卒業した例です。

一度学校を卒業してしまうと、学校のサポートをしてもらえない、就職できた友人は忙しい・・・

でも同世代はフリーターをしている人が多いので、フリーターを続けてしまうジレンマに陥ってしまうのです。

周りの友人の話を聞くと、「残業が多い、休みが少ない、人間関係が大変」など悪いことばかりが浮き彫りになってきませんか?

これだったら、フリーターをずっと続けていくほうがましだと思う人も多いでしょう。

ですが、20代の話かも知れないのです。

というのも、正社員は年齢を重ねるに連れて給料アップや立場も上に行くので楽になってくるひとも多くいます。

しかし、フリーターは給料アップはほとんど期待できなくて、立場は変わらずにしんどい・ツライ思いをすることも多いです。

私も、フリーターをしている時に、40代・50代のフリーターをたくさん見てきました。

体力的にも金銭面にも辛そうな光景を見てきました。

そのような人は、就職しないのではなくてできないのです。

フリーターを長く続けていると、就職することが難しくなってしまいます。

30歳までに決めるべき

30歳になると、社員の仕事の管理や後輩の教えることをあって、会社の即戦力として貢献出来ていると言えます。

そこに、未経験のフリーターが、就職してもなれることはないですよね。

一から教えていかなければなりません。

それだと、将来性がある教えたことを素直機に聞ける、熱意ややる気が伝わりやすい20代の取ることが多いです。

別に、フリーランスでやっていこうとしているなら、就職にこだわる必要はないですけどね。

いずれにしても、正社員で就職するなら30歳までに決めるべきなのです。

就職するには、「どうしていいか分からない」「面接が不安」という方も多くいるのではないでしょうか?

就職支援サービスを使えば就職できる

就職支援サービスなら、専任の担当者がついて就職できるようにサポートしてもらえます。

これは、20代に特化したサービスであって、30歳になると受けられるサービスが少なくこともあり就職が難しくなります。

就職相談から、書類の書き方・面接までワンツーマンでサポートしてもらえるので、正社員で就職できる可能性が高まります。

フリーターをしているあなたも、将来のことを考えてみてぜひ検討してみてくださいね。