フリーターから早く就職したい・・・

就職するために、知っておいてほしいことがあります。

これができるだけでも、就活がずいぶん楽に感じられますよ。

今回は、就活す前に考えることや知っておいてほしいことに迫ります。

就活する前に考えること

就活をしていくうえで、なんの考え方のないまま突き進みとかえって大変なことがあります。

それはどんなことでしょうか?

正社員になって何をしたいか

「正社員になりたい」これだけを口にする人も多くいます。

面接のときに、あなたの思いが面接官に伝わらなくなり、不採用なるケースがあります。

就職して、何をしていきたいか、どうなっていきたいか「目標」を自分の中で決めておくことが大切です。

これができると、仕事で辛いことや分からないことがあっても、自分で解決したり立ち直りができたりします。

しかし、なければすぐ嫌になって辞めてしまう場合も多いのです。

そうならないためには、就職してからの「目標」を決めておきましょう。

年齢を見据えて

正社員で就職する為に、気にしてほしいことが「年齢」です。

何歳になっても、熱意ややる気で採ってもらえると何のです。

一つの壁が30歳までとなっています。

30歳を超えてしまうと、正社員で就職することは難しくなってしまいます。

これは、どの業界でもそうですが、30歳までに言就職できないとフリーターで暮らしていくことになります。

20代であれば、先ほどの熱意ややる気があれば未経験でも就職することに可能性があります。

とはいっても就職は若ければ若いほど有利となります。

ですので、正社員で就職するには、できるだけ早く行動することが大切ですよ。

就職期限を決める

就職活動はダラダラ動くより、期限を決めて動いたほうがいいです。

人は、なんでも期限を決めるとやる気が出るものです。

3か月と決めるなら、その間でどのように動いていけばいいか計画を立てておくことが必要ですw。

面接も、一回で決まればいいですが、そうはいかないこともありますからね。

でも、一回一回反省をして改善していくことでより早く就職することができますよ。

それでは、改善するためにどのようなことを準備しておけばいいのでしょうか?

就活前に知っておいてほしいこと

就活前に準備しておくと、面接であなたの熱意ややる気が伝わりやすくなります。

いくつかあるので紹介していきます。

自己分析

自己分析が、あなたの強みを引き出すことです。

これまでの部活動やボランティアなどから、乗り越えたこと努力したことがあなたの強みになります。

強みが自己アピールにつながります。

紙に書き出してみて、考えて見てくださいね。

企業分析

企業分析は、会社のホームページを見て、企業理念や企業目標などを調べることです。

調べておくと、就職してからどんなことがしていきたいか見えて気安くなります。

企業分析と先ほどの企業分析を合わせていってみることで、説得力が増します。

プロのサポート

自己分析と企業分析をしたら、うまく伝えられるように面接練習をして行くことが重要です。

家族や友人、あるいは就職コンサルタントに見てもらうことで、どこができていないとか、改善ポイントをアドバイスもらえますよ。

プロ目線だから言えることがきっとあるはずなので、ぜひ受けてみてくださいね。

まとめ

フリーターが就活するために考えなければいけないことは、

  • 正社員になって何をやりたいか目標を決めること
  • 年齢を30歳までに就職できないと厳しくなる
  • 就職時期を決めること
  1. 就職前にしておいてほしいことは自己分析、企業分析をすること
  2. 家族や友人に、プロの就職コンサルタントにアドバイスを求めて面接練習をしておくこと
  3. フリーターから正社員に早くなるためにも、早めに行動することが大切