フリーターになってしまう人には大きく分けて2種類あります。

一つ目が、正社員になってけどスキルがなくて解雇になってしまった人です。

自分なりに努力をしたけど、仕事でミスをしたり仕事の速さが遅かったりすることです。

どれだけ頑張っていても、会社からの評価得られなければ解雇になります。

もう一つが、就職できずにそのままフリーターをしてパターンです。

就職活動の合間にアルバイトをしたいたけど、どこにも受からずに気づけばフリーターをずっとしていることです。

「どうせ受けても受からないと思い込んでしまってあきらめてしまう」つまり逃げているのです。

いずれにしても、フリーターから将来を期待できることは少ないのです。

フリーターのままではスキルアップできない

フリーターをしている人の中には、経験を積んでスキルアップしようとしている人は多くいます。

しかし、フリーターから抜け出すことができずに続けていてもスキルアップは難しいのです。

経験を積んでもその先がないから

正社員と違ってフリーターは昇給がありません。

だから、どれだけ仕事が頑張ったとしても意味がないのです。

良くても時給が何円か上がるだけです。

仕事量に対しての評価がされないのです。

まあ、お金だけが仕事ではないとは思いますが、将来も同じ給料だと病気やけがをしたときに払えないこともあります。

さらには、結婚を考えた時も収入の不安定さで断れることもあるのです。

クレジットカードや保険にも入れないことが多いのです。

経験があっても、その先も得るものがないことになってしまいます。

簡単な仕事だけしかできない

正社員と違ってアルバイトは責任があまりありません。

ですので、簡単な仕事しかできないのです。

それは、いつでも辞めることができるからです。

嫌なこと、理不尽なことがあればすぐにやめることができるので、会社は簡単な仕事しか負かすことができないのです。

思い通りの仕事ができないので、立場的につらくなるのです。

正社員であれば、ずっと続けてもらえることが前提で採用しているので責任感がある仕事ができます。

スキルアップしたいなら正社員になるべき

あなたがスキルアップをしたいのなら、正社員になるべきです。

経験を積んでいくごとに、さまざまな仕事を任せてもらえますしそれによって昇給やボーナスがあります。

安定した収入になることで、前述した結婚もできてやクレジットカード・保険といったこと問題なく作ることができます。

将来的なことを考えるとフリーターよりも正社員になるべきですね。