フリーターとは

フリーターとは、15~34歳までの学校に行っていない、もしくは結婚していない女性のアルバイトやパートで生計を立てている人のことをさします。

フリーターとしての考えとしては、働いて社会貢献して、生活できているのだから正社員にならなくても大丈夫と思っている人が多くいます。

無職との違いは

無職とは、アルバイトやアルバイトすらせずに生活している人のことを指します。

要するに、社会にでて働こうという意思はないのです。

働こうとは考えているけど、結局のところ何も行動にうつせていないのが現状なのです。

親の仕送りで生活している人が多いのです。

フリーターと無職の違いは、前述のように働く意識があるかないかということです。

ではフリーターだと、働いているから大丈夫かというとそうではありません。

フリーターならば将来はいいのか

フリーターは、結局のところその場しのぎの生活になってしまっています。

20代の時は、掛け持ちをしたり、しんどい仕事や激しい肉体労働して生活していくことが可能かもしれません。

しかし、歳を重ねるごとに体力も衰えていき、20代のように働くことができなくなってしまいます。

そうなると生活費が稼げなくなってきて、苦しい生活をいいられることも考えられます。

さらに、病気やケガとなれば余計に生活を圧迫することにもなります。

貯金を切り崩して生活できればいいですけど、将来のことなんかわかりませんよね。

リストラということもありますからね。

一方で、正社員になれば安定した生活は保証されます。

病気やけがになっても給料は支払われるので安心ですよ。

将来を考えると、フリーターで生活していくのは厳しいと言えます。

正社員になりたいなら、使って欲しいサービス

正社員になるにも30歳も超えてしまうと、会社が採用してもらえないことのほうがよくあります。

それは、同世代と比べて即戦力に劣り、採用する必要性がないからです。

一人で正社員で就職できないかもと不安に感じる人は、就職支援サービスを使うことをお勧めします。

就職支援サービスは、専任のコンサルタントにアドバイスをもらいながら、正社員になれるようにサポートしてもらうサービスです。

就職相談から、ビジネスマナー・面接対策・就職後のフォローまでサポートしてもらえますよ。

フリーターと無職には、働く意思があるかの違いがあるといえどもいずれにしても将来には不安があります。

ですから、将来に不安を感じたというフリーターのあなたは、サービスを検討してみてくださいね。