既卒からのフリーターは苦戦する

既卒は、学校を卒業するまでに一度も就職できなかった人のことを言います。

一度でも既卒になってしまうと、フリーター生活になってしまう人も多いのです。

それは、採用の基準に「新卒」と「既卒」の区切りがあるからです。

新卒は、未経験でも一度に採用を多くすることで、教える負担が減ります。

というのも、教えるには時間とコスト面がかかってしまいますが、一斉に教えれることで削減することができます。

ですが、既卒になってしまうと一人一人の採用になってしまって、もっらいないとなってしまいます。

さらには、学校で学んだ知識も忘れてしまうために、活かすことが難しくなるのです。

だから、既卒からフリーターになってしまう苦戦してしまうのですね。

そのままフリーターを送ってしまう

フリーターになっても、最初のうちは就職活動をしていくのですが、不採用になる回数が増えていけば、モチベーションが下がってしまいます。

受けるだけ無駄と考えてしまって、フリーター生活が長くなっていってしまうのです。

それがダメで、フリーター生活に慣れてしまって、抜け出せなくなる人も多いのです。

ですが、フリーターで生活していくには無理だと感じてしまいます。

20代の時は良かったものの、30代、40代と年齢を重ねるうちに体力が衰えてきて、若い時のように働くことが難しくなってしまうのです・・・

また、30歳を過ぎてフリーターだと就職することが難しくなってしまいます。

それは、同世代が即戦力となり、仕事の管理するポジションにまで昇格する人も出てきて、未経験との格差が広がってしまうからです。

20代であれば、未経験でも熱意ややる気が伝わりやすく、採用してもらえる企業もあります。

一人で、就職活動に行き詰っているなら就職支援サービスを使ってみることがオススメです。

既卒フリーターから就職するためには

就職活動支援サービスは、一人一人に専任のコンサルタントがついて、正社員で就職できるようにサポートしてもらえます。

就職相談から、職探し、履歴書・職務経歴書の添削、面接対策、就職後のフォローまで受けることができます。

サポートを受けることで、あなたがこれまで就職できなかったのか理解することができ改善していきますよ。

コンサルタントは、あなたのペースに合わせてサポートしてもらえますので、就職できる可能性が高まっていきます。

もちろん、サービスは最初から最後までどれだけ使っても無料ですよ。

就職できなかって既卒フリーターになっているあなたも、20代のできるだけ早いうち就職支援サービスを使ってみてくださいね。