契約社員とは

契約者とは、企業と契約期間を定めて働く方法です。

期間はそれぞれあって1か月、3か月、6か月などに分かれます。

契約が終わる1か月前には、契約を継続するか、終了するかの判断をしなければいけません。

会社と本位の合意があれが、更新することができます。

更新するためには、期間中に実績や功績を残すことができたかというところが焦点といえます。

一回の契約期間の長さは、最大3年と決められています。

契約期間中は、基本的に解雇や退職することは認められていません。

平成25年の4月からは、5年を過ぎてしまった場合は、無期契約になってしまって契約期間がなくなります。

契約がなくなるだけで正社員のように安定した生活が保障されるわけではないのです。

フリーターと契約社員との違い

契約社員には、働ける期間が定まっていますがフリーターとの違いはいくつかあります。

福利厚生がある

契約社員であれば、日本的にフルタイムで働くことができます。

だから、勤務時間が福利厚生の条件になるために入ることができます。

フリーターだと、短時間労働にしてもギリギリで保険加入できないようにする企業もあります。

給料が安定する

フリーターと同じ時給制には違いありません。

勤務日数や休みが決まっているために給料はフリーターよりかは安定するといえそうです。

昇給するチャンスもある

契約期間で功績や実績を残していれば、契約更新時に昇給するチャンスがあります。

契約社員を続けるより正社員になったほうがいい

前述のように契約社員はフリーターよりもいい働き方といえそうです。

しかし、正社員と違って安定した仕事ではなく、会社都合によって解雇されることも考えられます。

成果を残していても、必ずしも更新とは言い切れないのです。

ボーナスや退職金などもないために、収入に格差が出てきます。

前述のように、無期契約となれば正社員にさせなくても、ずっと働いてもらえるので企業の取っては得することにもなります。

このように考えていくと、契約社員で続けるより正社員で働いたほうがいいということになります。

いきなり正社員になると責任感が強くなりプレッシャーに感じる人も多くいます。

ですのでフリーターなら契約社員に、ずっと続けていくのなら契約社員よりも正社員になったほうが働き方で見ればいいと思います。

一概に正社員が絶対にいいとは言いえませんが、将来性が高いことは間違いありません。

もう一度、あなたがどのような働き方をすればいいか考えてみてくださいね。