フリーターは、ハローワークを使う

フリーターの多くの方はハローワークを使ってい

ます。

なぜならば、ハローワークは以前からあって、身近にある使いやすいことがあるからです。

それと、就職活動すると言ったらハローワークと認識している人が多いこともあります。

確かに全国にあり、今ではネットから検索することができます。

いつどこにいても使えるのです。

求人は、どこの求人サイトや求人誌よりも多く、正社員だけではなく派遣社員、契約社員、アルバイトなど働き方があります。

条件を絞ってもある程度の求人を探すことができます。

そのなかには、年齢不問であったり未経験OKの求人も豊富にあります。

さまざまな業界や職業から取り扱っているので、希望の求人が見つかりやすいのです。

何よりも無料で使えることが使う人が増えることになるのです。

ハローワークの気を付けたほうがいい点

ハローワークは、使いやすく旧人を豊富にあるので、探しやすいことは間違いありません。

しかし、気を付けるべきがあります。

ブラック企業が多い

ハローワークの掲載するための費用は一切かかりません。

ほかの求人サイトだったらお金がかかるのでためらう企業も、無料だから多く載せているのです。

それをいいことに、求人にはブラック企業も紛れ込んでいるのです。

求人内容や給料がデタラメに書かれていることが多く、優良企業と見分けがつかないことも多いのです。

ハローラーク職員の方も、求人内容について調査することがなく、指摘があれば確認する程度なのです。

使うときは、ネットの口コミやwebサイトを見る、さらには面接の際に確認することが必要なのです。

怪しいと思ったら就職しないことが大切なのです。

サポート体制がない

ハローワークは、基本一人で就職活動しなければいけません。

一応、履歴書の添削や面接練習などいったらしてもらえますが、何時間も一人のためにするわけではありません。

ですから、面接練習を徹底的にしたいと思っても無理なのです。

ハローワークは求人の多さは申し分ないのですが、気を付けるべきことろがわかったと思います。

就職できないと悩んでいるなら

ハローワークを使って不安がある、思うようにいかないと悩んでいるなら一人で就職活動する必要はありません。

最近では、就職支援サービスを使うことで、専任のコンサルタントからサポートを受けることができます。

履歴書の添削や面接対策なども徹底してサポートしてもらえます。

求人は、コンサルタントが企業に足を運んで調査した優良企業ばかりなので安心ですね。

ハローワークは使ったらダメとは言いませんが、フリーターが使う際は気を付けるべきです。