あなたは、大卒で就職できると安心していませんか?

大卒は就職が有利です。

でも、時間が過ぎていけば大卒の価値がなくなります。

今回は、大卒フリーターがどうやって就活すればいいのか、対策法を紹介していきます。

大卒フリーターは、3年以内がタイムリミット

大卒だから就職できるわけではありません・・・

確かに大学を出ていれば、有利になります。

会社は、即戦力になる人材を求めているからです。

大卒だと、専門知識や資格などがあり、仕事に活かすことができます。

だから、仕事の幅が広がり就職できる可能性があります。

しかしながら、大卒ということでデメリットもあります。

それは、年齢の問題です。

一般的に、大学を卒業していれば22歳ですよね。

高卒で就職した人は18歳で、学力には劣るものの22歳だと少しずつ即戦力になっています。

大卒フリーターは、知識はあるけどまだ働いたことがなく、職場に入って一応覚えるところからになります。

教えたことがすぐできる人もいれば、何回もおいせないとできない人もいます。

仕事は、勉強と違って覚えたことをそうやって活かすことができるかが重要です。

それは、仕事をさせてみないと分からない部分もありますからね。

いくら大卒フリーターが有利だからといって、すぐ就職できるとは限りません。

就職できなければ、何も身に付かないまま年を重ねていくことになります。

そうなってくると、大学で覚えた知識や資格を活かすことができなくなっていくので、就職が不利になります。

「大卒が有利」なるのは、卒業してから3年以内がタイムリミットです。

つまり、25~26歳くらいまでが大卒が有利となります。

そこからは、大卒がほぼ無意味になってくるので、ヤバイことになります。

だから、できるだけ早く就職活動に本腰を入れるべきです。

大卒に求められるものは?

大卒に求められることは、ちょっと紹介した専門知識や資格です。

これを就職活動でどうやって活かすことができるかということになります。

一番は、面接ではないでしょうか?

書類選考では、時間をかけて考えながら書くことができますが、面接は一回ぽっきりです。

だから、面接官にそのようにアピールできるかにかかっています。

せっかくあなたにアピールできるところがあっても、面接官に伝わらなければ意味がないですからね。

アピールには、あなたの知識や資格がどのように活かすことができるんか具体例をいいながら言うと、説得力が高まります。

面接に自信がない人は就職コンサルタントの力を借りることもオススメですよ。

就職するには?

就職コンサルタントは、一人一人に合わせた面接練習をしてもらえます。

就職支援サービスに登録することで利用することができますよ。

どうやってアピールしたらいいのか、質問に対する答え方など丁寧アドバイスをもらうことができます。

最初は上手くできないかもしれないけど、あなたのペースに合わせて教えてもらうことが可能ですよ。

せっかくの「大卒」を無駄にしないためにも、面接に自信がない、書類の書き方が分からない、就職かんして不安なことでも使ってみてはどうでしょうか?

まとめ

  1. 大卒は、専門的な知識や資格が有るからこそ、就職が有利になる
  2. しかし、大学を卒業して3年もすると、年齢も重ねて「大卒」ということが無駄になってしまう
  3. 面接では、どうやったら仕事に活かすことができるんかアピールすることが重要
  4. 面接に自信がない人は、就職コンサルタントにアドバイスを求める
  5. 大卒の価値は、3年がタイムリミットで就職できなけらばヤバイので、できるだけ早く就職する