フリーターはいつまでも就職できない

フリーターになる典型が、就職してしまう人です。

最初は、就職したいと思っていたけど不採用が続いいてしまうことで、気力をなくしてしまうのです。

アルバイトと就活をしていく中で、いつまでも受からないと「もうダメなのかな」となってしまいます。

その多くが、なぜ自分が不採用になっているのかわかっていないのです。

だから、いつになっても同じような結果になってしまうんですね。

アルバイト生活が長くなればなるほど、その生活から抜け出せなくなります。

もう、フリーターとして生活していくのもアリなんじゃないかと思ってしまうんですね。

それは、一人で生活して行けているからです。

無理をして、就職する必要はないと勝手に解釈していくのです。

同世代の正社員の話を聞くとそのように思ってしまうようです。

正社員で働いているといえど、休みが取れずに残業続きの毎日話を聞くだけでもやりたくたいとよく聞きます。

これだったらフリーターとして、生活したほうが稼ぎもいいし、休みが取れるし気楽だとますます思ってしまいます。

確かに20代はフリーターよりも正社員で生活したほうがよさそうな気もします。

ですが、いつまでも続くことができないのがフリーターなのです。

30歳を過ぎると就職できない

30、40代になるにつれて体力が落ちてきます。

そうするとこれまでのように働いていけなくなります。

さらに怪我や病気になることも考えられます。

余計にお金が必要になって生活が苦しくなっていくのです。

コンビニで、50、60代が働いていることをあなたを目撃したことはありませんか?

あれは就職口がもうなくて、生活していくためにやっていくことなのです。

指導者は、自分よりも年下の若いやつです。

そんな年下の怒られたり、指導されるなんて苦痛でたまらないでしょうね。

あなたも30歳をすぎれば就職が難しくなってしまいます。

それは、採用するメリットがないからです。

未経験であれば、20大前半を取ったほうが仕事の覚えも早いし、将来性があります。

そうなってしまえば、引きこもってニートになったりする可能性だって出てきます。

そこで、ニートから脱却するために就職サポートを利用して欲しいんです。

うまく人間関係を築くことができることや、熱意ややる気を伝えれば採用率もあがりますよ。

30歳までに就職するべき

就職活動がうまくいかない人は、無理に一人で頑張ることはないのです。

20第であれば、就職支援サービスを使えば、コンサルタントにサポートしてもらえるので就職できる可能性が高まります。

面接でどのように答えたらいいのか、アピールしたらいいのかアドバイスを受けて、練習を積み重ねることができますよ。

30歳まで就職するべきですが、若ければ若いほど就職できますので検討してみてくださいね。

30歳を過ぎてしまうと、サポートを受けられずに就職できないと思って方がいいですね。

なので、フリーターでもいいと感じているなら焦りを感じて就職活動するべきですね。