あなたは、フリーターと派遣の違いが分かりますか?

比較してみると、違いがはっきり分かれています。

それは、人間関係や待遇面が派遣のほうがいいということです。

今回は、派遣のことを理解してうえで、どのような違いがあるか詳しく紹介していきます。

派遣とは

派遣とは、派遣会社に登録して、契約した会社に働きにいくことです。

つまり、会社に雇われているのではなく派遣会社に雇われているのです。

あなたが派遣で働いている以上は、なんでも派遣会社を通さなくてはいけないのです。

面倒かもしれませんが、大きなメリットがあります。

それは、人間関係や待遇面の問題があっても、派遣の担当者に相談することで解決してくれることになります。

自分で言うと、トラブルのもとになってかえって働けづらくなることがあります。

これを防ぐことができるので、不安なことを最小限にして働くことができます。

フリーターは、アルバイトを主に指すことで有名ですが、会社には直接雇われているものの一番切られやすい働き方の一つではあります。

紹介したトラブルがあっても自分で解決しないといけなく、立ち場が弱いのです。

同じ非正規社員でも、派遣とフリーターでは他にも違いが多くあります。

フリーターと派遣の違い

フリーターと派遣では、待遇面に違いがあります。

それは、どんなところか具体的に紹介していきます。

給料

同じ時給制なのですが、フリーターは会社の中でも一番低い給料で計算されることがあります。

派遣は、派遣会社を通すことで正社員よりも給料が高い場合があります。

しかし、いずれもボーナスや昇給はないので、ずっと決められた時給で働くことになります。

福利厚生

どちらも雇用保険、健康保険、国民年金に加入できます。

派遣会社は、フルタイムで働くことができます。

しかしフリーターは、週何日や時間短縮などをされて、わざと保険を付けさせないようにする会社もあります。

残業時間

派遣は、契約で決められた時間帯で働くことになるので、基本的に残業になることはありません。

フリーターは、忙しい時に限って残業するように指示したりすることがあり、雑に扱われることがあります。

月あるいは週によって、残業時間が大きく変動してしまいます。

社会的信用度

どちらにしても、契約期間が働いているために、安定な働き方とは言えません。

社会的信用度が低くなるので、車や家のローンを銀行に借りれなかったり、クレジットカードが作れなかったりします。

なので、生活していくうえで不便に思えるかもしれません。

フリーターと派遣を比較してきましたが、どちらも正社員よりかは不安定な働き方になります。

しかし、フリーターよりかは派遣で働いたほうが、担当者はつくので相談ができたり、待遇面で良かったりします。