フリーターはハローワークから使ってしまう

投稿日:

フリーターは、ハローワークを使う

フリーターの多くの方はハローワークを使ってい

ます。

なぜならば、ハローワークは以前からあって、身近にある使いやすいことがあるからです。

それと、就職活動すると言ったらハローワークと認識している人が多いこともあります。

確かに全国にあり、今ではネットから検索することができます。

いつどこにいても使えるのです。

求人は、どこの求人サイトや求人誌よりも多く、正社員だけではなく派遣社員、契約社員、アルバイトなど働き方があります。

条件を絞ってもある程度の求人を探すことができます。

そのなかには、年齢不問であったり未経験OKの求人も豊富にあります。

さまざまな業界や職業から取り扱っているので、希望の求人が見つかりやすいのです。

何よりも無料で使えることが使う人が増えることになるのです。

ハローワークの気を付けたほうがいい点

ハローワークは、使いやすく旧人を豊富にあるので、探しやすいことは間違いありません。

しかし、気を付けるべきがあります。

ブラック企業が多い

ハローワークの掲載するための費用は一切かかりません。

ほかの求人サイトだったらお金がかかるのでためらう企業も、無料だから多く載せているのです。

それをいいことに、求人にはブラック企業も紛れ込んでいるのです。

求人内容や給料がデタラメに書かれていることが多く、優良企業と見分けがつかないことも多いのです。

ハローラーク職員の方も、求人内容について調査することがなく、指摘があれば確認する程度なのです。

使うときは、ネットの口コミやwebサイトを見る、さらには面接の際に確認することが必要なのです。

怪しいと思ったら就職しないことが大切なのです。

サポート体制がない

ハローワークは、基本一人で就職活動しなければいけません。

一応、履歴書の添削や面接練習などいったらしてもらえますが、何時間も一人のためにするわけではありません。

ですから、面接練習を徹底的にしたいと思っても無理なのです。

ハローワークは求人の多さは申し分ないのですが、気を付けるべきことろがわかったと思います。

就職できないと悩んでいるなら

ハローワークを使って不安がある、思うようにいかないと悩んでいるなら一人で就職活動する必要はありません。

最近では、就職支援サービスを使うことで、専任のコンサルタントからサポートを受けることができます。

履歴書の添削や面接対策なども徹底してサポートしてもらえます。

求人は、コンサルタントが企業に足を運んで調査した優良企業ばかりなので安心ですね。

ハローワークは使ったらダメとは言いませんが、フリーターが使う際は気を付けるべきです。

フリーターのままではスキルアップはできない

投稿日:

フリーターになってしまう人には大きく分けて2種類あります。

一つ目が、正社員になってけどスキルがなくて解雇になってしまった人です。

自分なりに努力をしたけど、仕事でミスをしたり仕事の速さが遅かったりすることです。

どれだけ頑張っていても、会社からの評価得られなければ解雇になります。

もう一つが、就職できずにそのままフリーターをしてパターンです。

就職活動の合間にアルバイトをしたいたけど、どこにも受からずに気づけばフリーターをずっとしていることです。

「どうせ受けても受からないと思い込んでしまってあきらめてしまう」つまり逃げているのです。

いずれにしても、フリーターから将来を期待できることは少ないのです。

フリーターのままではスキルアップできない

フリーターをしている人の中には、経験を積んでスキルアップしようとしている人は多くいます。

しかし、フリーターから抜け出すことができずに続けていてもスキルアップは難しいのです。

経験を積んでもその先がないから

正社員と違ってフリーターは昇給がありません。

だから、どれだけ仕事が頑張ったとしても意味がないのです。

良くても時給が何円か上がるだけです。

仕事量に対しての評価がされないのです。

まあ、お金だけが仕事ではないとは思いますが、将来も同じ給料だと病気やけがをしたときに払えないこともあります。

さらには、結婚を考えた時も収入の不安定さで断れることもあるのです。

クレジットカードや保険にも入れないことが多いのです。

経験があっても、その先も得るものがないことになってしまいます。

簡単な仕事だけしかできない

正社員と違ってアルバイトは責任があまりありません。

ですので、簡単な仕事しかできないのです。

それは、いつでも辞めることができるからです。

嫌なこと、理不尽なことがあればすぐにやめることができるので、会社は簡単な仕事しか負かすことができないのです。

思い通りの仕事ができないので、立場的につらくなるのです。

正社員であれば、ずっと続けてもらえることが前提で採用しているので責任感がある仕事ができます。

スキルアップしたいなら正社員になるべき

あなたがスキルアップをしたいのなら、正社員になるべきです。

経験を積んでいくごとに、さまざまな仕事を任せてもらえますしそれによって昇給やボーナスがあります。

安定した収入になることで、前述した結婚もできてやクレジットカード・保険といったこと問題なく作ることができます。

将来的なことを考えるとフリーターよりも正社員になるべきですね。

フリーターは焦りを感じたほうがいい!!

投稿日:

フリーターはいつまでも就職できない

フリーターになる典型が、就職してしまう人です。

最初は、就職したいと思っていたけど不採用が続いいてしまうことで、気力をなくしてしまうのです。

アルバイトと就活をしていく中で、いつまでも受からないと「もうダメなのかな」となってしまいます。

その多くが、なぜ自分が不採用になっているのかわかっていないのです。

だから、いつになっても同じような結果になってしまうんですね。

アルバイト生活が長くなればなるほど、その生活から抜け出せなくなります。

もう、フリーターとして生活していくのもアリなんじゃないかと思ってしまうんですね。

それは、一人で生活して行けているからです。

無理をして、就職する必要はないと勝手に解釈していくのです。

同世代の正社員の話を聞くとそのように思ってしまうようです。

正社員で働いているといえど、休みが取れずに残業続きの毎日話を聞くだけでもやりたくたいとよく聞きます。

これだったらフリーターとして、生活したほうが稼ぎもいいし、休みが取れるし気楽だとますます思ってしまいます。

確かに20代はフリーターよりも正社員で生活したほうがよさそうな気もします。

ですが、いつまでも続くことができないのがフリーターなのです。

30歳を過ぎると就職できない

30、40代になるにつれて体力が落ちてきます。

そうするとこれまでのように働いていけなくなります。

さらに怪我や病気になることも考えられます。

余計にお金が必要になって生活が苦しくなっていくのです。

コンビニで、50、60代が働いていることをあなたを目撃したことはありませんか?

あれは就職口がもうなくて、生活していくためにやっていくことなのです。

指導者は、自分よりも年下の若いやつです。

そんな年下の怒られたり、指導されるなんて苦痛でたまらないでしょうね。

あなたも30歳をすぎれば就職が難しくなってしまいます。

それは、採用するメリットがないからです。

未経験であれば、20大前半を取ったほうが仕事の覚えも早いし、将来性があります。

そうなってしまえば、引きこもってニートになったりする可能性だって出てきます。

そこで、ニートから脱却するために就職サポートを利用して欲しいんです。

うまく人間関係を築くことができることや、熱意ややる気を伝えれば採用率もあがりますよ。

30歳までに就職するべき

就職活動がうまくいかない人は、無理に一人で頑張ることはないのです。

20第であれば、就職支援サービスを使えば、コンサルタントにサポートしてもらえるので就職できる可能性が高まります。

面接でどのように答えたらいいのか、アピールしたらいいのかアドバイスを受けて、練習を積み重ねることができますよ。

30歳まで就職するべきですが、若ければ若いほど就職できますので検討してみてくださいね。

30歳を過ぎてしまうと、サポートを受けられずに就職できないと思って方がいいですね。

なので、フリーターでもいいと感じているなら焦りを感じて就職活動するべきですね。

フリーターと契約社員の違いをまとめてみた

投稿日:

契約社員とは

契約者とは、企業と契約期間を定めて働く方法です。

期間はそれぞれあって1か月、3か月、6か月などに分かれます。

契約が終わる1か月前には、契約を継続するか、終了するかの判断をしなければいけません。

会社と本位の合意があれが、更新することができます。

更新するためには、期間中に実績や功績を残すことができたかというところが焦点といえます。

一回の契約期間の長さは、最大3年と決められています。

契約期間中は、基本的に解雇や退職することは認められていません。

平成25年の4月からは、5年を過ぎてしまった場合は、無期契約になってしまって契約期間がなくなります。

契約がなくなるだけで正社員のように安定した生活が保障されるわけではないのです。

フリーターと契約社員との違い

契約社員には、働ける期間が定まっていますがフリーターとの違いはいくつかあります。

福利厚生がある

契約社員であれば、日本的にフルタイムで働くことができます。

だから、勤務時間が福利厚生の条件になるために入ることができます。

フリーターだと、短時間労働にしてもギリギリで保険加入できないようにする企業もあります。

給料が安定する

フリーターと同じ時給制には違いありません。

勤務日数や休みが決まっているために給料はフリーターよりかは安定するといえそうです。

昇給するチャンスもある

契約期間で功績や実績を残していれば、契約更新時に昇給するチャンスがあります。

契約社員を続けるより正社員になったほうがいい

前述のように契約社員はフリーターよりもいい働き方といえそうです。

しかし、正社員と違って安定した仕事ではなく、会社都合によって解雇されることも考えられます。

成果を残していても、必ずしも更新とは言い切れないのです。

ボーナスや退職金などもないために、収入に格差が出てきます。

前述のように、無期契約となれば正社員にさせなくても、ずっと働いてもらえるので企業の取っては得することにもなります。

このように考えていくと、契約社員で続けるより正社員で働いたほうがいいということになります。

いきなり正社員になると責任感が強くなりプレッシャーに感じる人も多くいます。

ですのでフリーターなら契約社員に、ずっと続けていくのなら契約社員よりも正社員になったほうが働き方で見ればいいと思います。

一概に正社員が絶対にいいとは言いえませんが、将来性が高いことは間違いありません。

もう一度、あなたがどのような働き方をすればいいか考えてみてくださいね。

フリーターと無職に違いはある

投稿日:

フリーターとは

フリーターとは、15~34歳までの学校に行っていない、もしくは結婚していない女性のアルバイトやパートで生計を立てている人のことをさします。

フリーターとしての考えとしては、働いて社会貢献して、生活できているのだから正社員にならなくても大丈夫と思っている人が多くいます。

無職との違いは

無職とは、アルバイトやアルバイトすらせずに生活している人のことを指します。

要するに、社会にでて働こうという意思はないのです。

働こうとは考えているけど、結局のところ何も行動にうつせていないのが現状なのです。

親の仕送りで生活している人が多いのです。

フリーターと無職の違いは、前述のように働く意識があるかないかということです。

ではフリーターだと、働いているから大丈夫かというとそうではありません。

フリーターならば将来はいいのか

フリーターは、結局のところその場しのぎの生活になってしまっています。

20代の時は、掛け持ちをしたり、しんどい仕事や激しい肉体労働して生活していくことが可能かもしれません。

しかし、歳を重ねるごとに体力も衰えていき、20代のように働くことができなくなってしまいます。

そうなると生活費が稼げなくなってきて、苦しい生活をいいられることも考えられます。

さらに、病気やケガとなれば余計に生活を圧迫することにもなります。

貯金を切り崩して生活できればいいですけど、将来のことなんかわかりませんよね。

リストラということもありますからね。

一方で、正社員になれば安定した生活は保証されます。

病気やけがになっても給料は支払われるので安心ですよ。

将来を考えると、フリーターで生活していくのは厳しいと言えます。

正社員になりたいなら、使って欲しいサービス

正社員になるにも30歳も超えてしまうと、会社が採用してもらえないことのほうがよくあります。

それは、同世代と比べて即戦力に劣り、採用する必要性がないからです。

一人で正社員で就職できないかもと不安に感じる人は、就職支援サービスを使うことをお勧めします。

就職支援サービスは、専任のコンサルタントにアドバイスをもらいながら、正社員になれるようにサポートしてもらうサービスです。

就職相談から、ビジネスマナー・面接対策・就職後のフォローまでサポートしてもらえますよ。

フリーターと無職には、働く意思があるかの違いがあるといえどもいずれにしても将来には不安があります。

ですから、将来に不安を感じたというフリーターのあなたは、サービスを検討してみてくださいね。

フリーターのままずっといてもいいのか?

投稿日:

フリーターのままずっといると、大変になる

今は、フリーターで生活している人も多いです。

フリーターになってしまう典型として多いのが、就職できないまま学校を卒業した例です。

一度学校を卒業してしまうと、学校のサポートをしてもらえない、就職できた友人は忙しい・・・

でも同世代はフリーターをしている人が多いので、フリーターを続けてしまうジレンマに陥ってしまうのです。

周りの友人の話を聞くと、「残業が多い、休みが少ない、人間関係が大変」など悪いことばかりが浮き彫りになってきませんか?

これだったら、フリーターをずっと続けていくほうがましだと思う人も多いでしょう。

ですが、20代の話かも知れないのです。

というのも、正社員は年齢を重ねるに連れて給料アップや立場も上に行くので楽になってくるひとも多くいます。

しかし、フリーターは給料アップはほとんど期待できなくて、立場は変わらずにしんどい・ツライ思いをすることも多いです。

私も、フリーターをしている時に、40代・50代のフリーターをたくさん見てきました。

体力的にも金銭面にも辛そうな光景を見てきました。

そのような人は、就職しないのではなくてできないのです。

フリーターを長く続けていると、就職することが難しくなってしまいます。

30歳までに決めるべき

30歳になると、社員の仕事の管理や後輩の教えることをあって、会社の即戦力として貢献出来ていると言えます。

そこに、未経験のフリーターが、就職してもなれることはないですよね。

一から教えていかなければなりません。

それだと、将来性がある教えたことを素直機に聞ける、熱意ややる気が伝わりやすい20代の取ることが多いです。

別に、フリーランスでやっていこうとしているなら、就職にこだわる必要はないですけどね。

いずれにしても、正社員で就職するなら30歳までに決めるべきなのです。

就職するには、「どうしていいか分からない」「面接が不安」という方も多くいるのではないでしょうか?

就職支援サービスを使えば就職できる

就職支援サービスなら、専任の担当者がついて就職できるようにサポートしてもらえます。

これは、20代に特化したサービスであって、30歳になると受けられるサービスが少なくこともあり就職が難しくなります。

就職相談から、書類の書き方・面接までワンツーマンでサポートしてもらえるので、正社員で就職できる可能性が高まります。

フリーターをしているあなたも、将来のことを考えてみてぜひ検討してみてくださいね。

既卒はフリーターになりやすい

投稿日:

既卒からのフリーターは苦戦する

既卒は、学校を卒業するまでに一度も就職できなかった人のことを言います。

一度でも既卒になってしまうと、フリーター生活になってしまう人も多いのです。

それは、採用の基準に「新卒」と「既卒」の区切りがあるからです。

新卒は、未経験でも一度に採用を多くすることで、教える負担が減ります。

というのも、教えるには時間とコスト面がかかってしまいますが、一斉に教えれることで削減することができます。

ですが、既卒になってしまうと一人一人の採用になってしまって、もっらいないとなってしまいます。

さらには、学校で学んだ知識も忘れてしまうために、活かすことが難しくなるのです。

だから、既卒からフリーターになってしまう苦戦してしまうのですね。

そのままフリーターを送ってしまう

フリーターになっても、最初のうちは就職活動をしていくのですが、不採用になる回数が増えていけば、モチベーションが下がってしまいます。

受けるだけ無駄と考えてしまって、フリーター生活が長くなっていってしまうのです。

それがダメで、フリーター生活に慣れてしまって、抜け出せなくなる人も多いのです。

ですが、フリーターで生活していくには無理だと感じてしまいます。

20代の時は良かったものの、30代、40代と年齢を重ねるうちに体力が衰えてきて、若い時のように働くことが難しくなってしまうのです・・・

また、30歳を過ぎてフリーターだと就職することが難しくなってしまいます。

それは、同世代が即戦力となり、仕事の管理するポジションにまで昇格する人も出てきて、未経験との格差が広がってしまうからです。

20代であれば、未経験でも熱意ややる気が伝わりやすく、採用してもらえる企業もあります。

一人で、就職活動に行き詰っているなら就職支援サービスを使ってみることがオススメです。

既卒フリーターから就職するためには

就職活動支援サービスは、一人一人に専任のコンサルタントがついて、正社員で就職できるようにサポートしてもらえます。

就職相談から、職探し、履歴書・職務経歴書の添削、面接対策、就職後のフォローまで受けることができます。

サポートを受けることで、あなたがこれまで就職できなかったのか理解することができ改善していきますよ。

コンサルタントは、あなたのペースに合わせてサポートしてもらえますので、就職できる可能性が高まっていきます。

もちろん、サービスは最初から最後までどれだけ使っても無料ですよ。

就職できなかって既卒フリーターになっているあなたも、20代のできるだけ早いうち就職支援サービスを使ってみてくださいね。

フリーターからでも正社員になれる

投稿日:

フリーターになる人の多くは、就職活動に失敗してそのままずるずるアルバイトをしていきます。

最初は、正社員で就職したいと不採用になったとしてもあきらめずに就職活動していきます。

ですが、受けても受けてもどこからも内定がもらえないことで、就職活動から逃げてしまいます。

「どうせ不採用になるんだったら受けないほうがましだ」と思ってしまいます。

だから、フリーター生活が長くなってしまうのです。

本人も、就職しないといけないことは心のどこかに思っているのですが、行動に移せないままになっているのです。

そのまま年齢を重ねるごとに、就職することは日に日に難しくなっているのです。

正社員で就職するには、26~30歳までがラストチャンスといわれています。

30歳を過ぎてしまうと、同世代は管理職や仕事を仕切る立場になっていることも多くあります。

そうなると、未経験のあなたとは圧倒的な開きになってしまうのです。

教える時間やコストを考えると、就職は難しいといえます。

同じ、未経験であれば30歳ではなくて20代前半の人材を確保したほうがいいのです。

それは、仕事を覚えが早くてプライドが高くなくて柔軟な考え方ができます。

熱意ややる気が伝わりやすくなるので将来も期待されることになります。

あなたも、同じ未経験であれば30代よりも20代を採用するでしょう。

前述のように26~30歳であれば、正社員で就職することが可能性です。

まだ熱意ややる気が伝わりやすく、将来性があると判断してもらえる企業も多いからです。

あなたが26歳フリーターであれば一早く就職活動を開始してください。

年齢が若ければ若いほど、就職できる可能性は高まるのです。

ですが、あなたが就職活動に自信がないと思っているのなら、就職支援サービスを使ってみることをお勧めします。

就職支援サービスでは、就職コンサルタントの方が、一人一人に正社員で就職できるようにサポートしてもらえます。

カウンセリングからしてあなたの強みや長所といったことを引き出して、どのようにして就職ができるのか一緒に考えることができます。

就職相談から、求人探し・履歴書や職務経歴書の添削・面接対策・就職後のフォローまで受けることができますよ。

あなたが不採用になっていたことを、一つ一つつぶしていくことで確実に正社員で就職することに近づきます。

仮にあなたが26歳でも30歳でも、あきらめずにやれば正社員として就職できます。

その一つの手段として、就職支援サービスを検討してみてはいかがでしょうか?

私も利用して良かったと思ってますし、就職出来ずに悩んでいるなら大きな後押しをしてくれます。

ぜひ一度利用してみてくださいね。

フリーターから正社員なりたい!!就職サイトランキング

投稿日:

あなたは、就職支援サイトを使っていますか?

フリーターからの就職は、面接でつまづいてしまう人が多いです。

だから、就職支援サービスを使ってサポートを受けてみることをオススメします。

今回は、就職支援サービスをランキング形式して紹介していきます。

フリーターからの就職はつまづきやすい

フリーターに一度でもなってしまうと、正社員は難しくなってしまいます。

それは、新卒ではなく既卒扱いになるからです。

新卒は、大量採用することで未経験でも、時間やコストがおさえれれることができます。

しかし、既卒になれば一人一人採用することが多くなって、学んだ知識を忘れていってしまいます。

年齢を重ねれば、若さをなくなっていってしまうのでフリーターから正社員で就職することにつまづいてしまうのです。

その多くは、面接でできていないことがことが多いです。

だからといってフリーターを続けて30歳になると、同世代とスキルが開きすぎてしまって就職できないことになってしまいます。

でも、思い通りに就活合できない人は、就職支援サイトを使ってみることをオススメします。

就職支援サイトランキング

就職支援サイトは、一人一人にコンサルタントがついて、正社員で就職できるようにサポートしてくれるサービスです。

もちろん、サービスはいくら使っても無料ですよ。

いくつかあって、ランキングにしたのであなたがいいなと思ったサイトを使ってみてくださいね。

1.ハタラクティブ

ハタラクティブは、利用者の90%が20代で、3人に2人がフリーター、既卒、正社員未経験の方ばかりです。

コンサルタントが、最初にカウンセリングをじっくりすることで、あなたに合ったサービスを提案してくれます。

模擬面接では、どんなことをアピールすればいいのか、上手い答え方などアドバイスをもらいながら練習を積み重ねることができます。

2.ジェイック

ジェイックは、10日間の無料の就職支援講座を受けることができます。

研修で、ビジネスマナーや即戦力・コミュニケーションスキルを身に付けることができます。

さらには、個別対策してもらうことで自信が付きますよ。

就職内定率だけではなく就職定着率が90%を超えていることがすごいところですね。

3.ウズウズキャリアセンター

ウズウズキャリアセンターは、一人あたりの面接対策が20時間以上、面接前には2時間のサポートがあります。

ですので、アピールや受け答えがしっかりできるようになってから面接に自信がない人はオススメですよ。

就職してからもずっと続くようにもサポートしてもらえます。

4.若者正社員チャレンジ事業

チャレンジ事業は、20日間の企業実習を、100社以上から選ぶことができます。

就職する前に、職場の雰囲気や人間関係が分かることが良いですね。

さらには、実習後には最大10万円の奨励金をもらうこともできます。

就職支援サービスもいくつかあって、それぞれに特徴があります。

あなたに合ったサービスを受けることで、いち早くフリーターから正社員で就職できる可能性が高まりますよ。

フリーターと派遣を徹底比較

投稿日:

あなたは、フリーターと派遣の違いが分かりますか?

比較してみると、違いがはっきり分かれています。

それは、人間関係や待遇面が派遣のほうがいいということです。

今回は、派遣のことを理解してうえで、どのような違いがあるか詳しく紹介していきます。

派遣とは

派遣とは、派遣会社に登録して、契約した会社に働きにいくことです。

つまり、会社に雇われているのではなく派遣会社に雇われているのです。

あなたが派遣で働いている以上は、なんでも派遣会社を通さなくてはいけないのです。

面倒かもしれませんが、大きなメリットがあります。

それは、人間関係や待遇面の問題があっても、派遣の担当者に相談することで解決してくれることになります。

自分で言うと、トラブルのもとになってかえって働けづらくなることがあります。

これを防ぐことができるので、不安なことを最小限にして働くことができます。

フリーターは、アルバイトを主に指すことで有名ですが、会社には直接雇われているものの一番切られやすい働き方の一つではあります。

紹介したトラブルがあっても自分で解決しないといけなく、立ち場が弱いのです。

同じ非正規社員でも、派遣とフリーターでは他にも違いが多くあります。

フリーターと派遣の違い

フリーターと派遣では、待遇面に違いがあります。

それは、どんなところか具体的に紹介していきます。

給料

同じ時給制なのですが、フリーターは会社の中でも一番低い給料で計算されることがあります。

派遣は、派遣会社を通すことで正社員よりも給料が高い場合があります。

しかし、いずれもボーナスや昇給はないので、ずっと決められた時給で働くことになります。

福利厚生

どちらも雇用保険、健康保険、国民年金に加入できます。

派遣会社は、フルタイムで働くことができます。

しかしフリーターは、週何日や時間短縮などをされて、わざと保険を付けさせないようにする会社もあります。

残業時間

派遣は、契約で決められた時間帯で働くことになるので、基本的に残業になることはありません。

フリーターは、忙しい時に限って残業するように指示したりすることがあり、雑に扱われることがあります。

月あるいは週によって、残業時間が大きく変動してしまいます。

社会的信用度

どちらにしても、契約期間が働いているために、安定な働き方とは言えません。

社会的信用度が低くなるので、車や家のローンを銀行に借りれなかったり、クレジットカードが作れなかったりします。

なので、生活していくうえで不便に思えるかもしれません。

フリーターと派遣を比較してきましたが、どちらも正社員よりかは不安定な働き方になります。

しかし、フリーターよりかは派遣で働いたほうが、担当者はつくので相談ができたり、待遇面で良かったりします。

フリーターの末路はキツイ

投稿日:

あなたは、フリーター生活に満足していますか?

将来のことを考えると、しんどくてキツイ生活になるかもしれません。

それは、フリーターは安定した生活ではないからです。

今回は、フリーターでの将来性や考えてほしいことを紹介していきます。

フリーターがいいのは、20代だけ

フリーターは、気楽で楽な働き方という方も多くいます。

自分の好きな時間に働きやすく、休みたい時に休むことができます。

同世代の正社員の人は、残業続きで、休みをろくに取れない、こきを使われて安い賃金・・・

ハッキリ言ってフリーターのほうが働き方次第では稼ぐことができます。

それは、20代だけの話です。

30代、40代になるにつれて体力が少しずつ衰えてきて、今のように働くことが難しくなって言うことのほうが多いです。

だからこそ、今よりも将来のことも考えなければいけません。

フリーターの末路で考えてほしいこと

フリーターの末路は悲惨はことになります。

それは、そんなところなのか紹介していきます。

年収

20代では正社員よりもフリーターの方が稼ぎが良かったかもしれません。

しかし、フリーターは給料がほとんど上がらないけど、正社員は年々上がっていきます。

さらには、ボーナスや諸手当もつくので年収に開きが出てくるのです。

けが・病気

年を重ねると、けがや病気は増えていきます。

フリーターは、時給制なので休めば休みほど給料は減ってしまいます。

通院や入院が払えなくなり、生活することさえ難しくなってしまいます。

安定していない

フリーターの場合は、安定した働き方ではないのでいつ解雇にあるか分かりません。

年を採ってからでは、アルバイトでさえ働けなくなってしまいます。

結婚できない

将来、結婚をしたいと思った時に、相手の親の許しが出ないことが多いです。

安定した収入ではないので、自分の生活だけでなく家族を養っていけるか不安がられます。

収入が途絶えて、生活できないかもしれない人に安心して結婚されれないとなるのdす。

ローンが組めない

収入が安定していないので、お金が払えないかもと思われてしまいます。

だから、家や車のローンが組むことができないのです。

まら、クレジットカードも、支払いが滞ってしまうことも考えられ、生活していくうえで不便になることも多いのです。

紹介したようにフリーターの末路は悲惨になることが予想されます。

だからこそ、20代の間に正社員で就職しておかないと、しんどくてキツイ人生になるかもしれません。

今の生活を選ぶか、将来を見据えて就職しておくか改めて考えて見てくださいね。

フリーターとは何かまとめてみた

投稿日:

あなたは、正社員で就職しようと考えていますか?

フリーターで、この先を生活していくのは難しくなります。

それは、体力の衰えがあるからです。

今回は、フリーターの現状や将来のことに迫っていきます。

フリーターとは

フリーターとは、アルバイトで生計を立てている人のことを言います。

最近は、就職に失敗してとりあえずアルバイトをして、そのままフリーターで過ごして人が多いのです。

そのなかには、アルバイトをしながら夢や希望を追い求めてる人もいます。

ですが、フリーターの生活に慣れてしまっている人もいるのです。

正社員では、非正規社員社員として働いているのです・・・

特にフリーターの中でも、15~34歳の若年者と呼ばれる人が急増していて「若者ハローワーク」という窓口を設けて動き出しています。

ですが、一度でもフリーターになってしまうと、就職できないしこっちのほうが楽だと思ってしまいます。

それでも何とか働いて社会に貢献しているので、まだまだいいのです。

フリーターとニートの違いとは

フリーターとニートを一緒に考えてしまう人もいますが、違いがあります。

フリーターは、アルバイトや契約社員などで生計を立てている人のことです。

一方、ニートは学校にも行かずに働きもせずに生活している人のことです。

親の仕送りや貯金を切り崩して生活しています。

ニートよりかはフリーターはましとは言えます。

しかし、フリーターでずっと生活していくことは難しくなります。

フリーターの将来

あなたも見たことはあるはずです。

街中で、人ごみに紛れて寝たりして生活している人がいます。

あれは家賃が払えずに住むところがないために、日中はゴミをあさってリサイクルセンターに持っていったり、使えそうなものがあれば使ってなんとか生活しています。

会社を解雇になって、プライドが高くて雇われて働くことが嫌だという人もいます。

しかし、雇ってもらえないことも多いのです。

同じ未経験であれば、若い者人のほうが生き生きして熱意ややる気を感じられて、使いやすいです。

年老いを雇っても、使いにくいし、何をできないと思われてどこまで雇ってもらえないのです。

フリーターをしているあなたも、将来的このようになる恐れがあります。

だからこそ、若い20代のうちから正社員で就職して、安定した生活を手に入れるべきなのです。

30代になれば、未経験であれば正社員で就職することが難しくなります。

あなたも、今一度今の生活を見つめなおしてはいかがでしょうか?

フリーターだったら結婚できないかも

投稿日:

あなたは、将来結婚を考えていますか?

フリーターのままだと、生活が不安定になるので、結婚できないことが多いのです。

それは、子供・病気のことなど心配なることがあるからです。

今回は、フリーターの将来のことや結婚について迫っていきます。

フリーターのまま生活していくのは危険

フリーターで生活していくのは、20代であれば楽な働き方かもしれません。

しかし、年齢を重ねていくにつれて危険があります。

それは、今のように働いていくことができないことがあるからです。

今は、若いので体力があって無理をしてでも、稼ぐことができます。

しかし、30代、40代と年齢を重ねていくうちに体力が衰えてきます。

そうしたら、働く日数が少なくなったり、病気やけが多くなっていくために収入が下がってきます。

生活が厳しくなることが、将来予想されるのです。

正社員であれば、生活が安定しているので病気になっても、保障してもらえます。

フリーターは、保証もなく働いた分だけの給料しか稼ぐことができません。

おまけに、給料アップが期待できないので、生活が厳しくなっていくのです。

フリーターであれば、結婚したくてもできない可能性が高いのです。

結婚して心配されること

結婚すると、自分だけではなく相手も支えていかなくてはいけません。

しかし、いくつか心配されることがあるのです。

子供

結婚すると彼女は、子供が欲しいということは多いです。

子供を産めば、養育費、食事代、学校代などが余計にかかることになります。

病気

病気になると、収入がストップしてしまいます。

入院費や治療費がまともに払えなくなると、悪化してしまって働くどころではないかもしれません。

貯金が切り崩していくことになりますが、限度がありますよね。

介護

あなたや家族が元気でも、年を重ねていくと親、相手方の親の介護の面倒を見ることをあります。

そうすると、介護に時間が取られることで、収入が減ってしまいいます。

さらには、介護用品を買い揃えていかなくていけないので、生活が圧迫していきます。

ローン

結婚すると、家や車が欲しくなることが多くなります。

フリーターだとローンが組むことができなしことが多いです。

銀行が生活が不安定だという理由でお金を貸してもらえないのです。

紹介してきたように、フリーターのままだと将来のことが不安で、結婚を躊躇してしまう人が多くなります。

だから、今のうちに収入が安定した正社員で就職することをオススメします。

30代になってしまうと、正社員で就職することが難しくなってしまいますよ。

フリーターから正社員になれる

投稿日:

あなたは、フリーターで生活していこうと思っていますか?

フリーターは、年齢jを重ねるごとに生活が厳しくなることが多いです。

だから、20代のうちに正社員で就職しておくことがオススメします。

今回は、正社員になるべき理由や対策法に迫っていきます。

フリーターで生活していくのは不可能

フリーターで生活していくことは、将来のことを考えると難しいといえます。

20代の若いうちだと体力もあり、アルバイトを複数個掛け持ちしてもお金を稼ぐことができます。

だから、同世代の正社員よりも収入が高いかもしれません。

しかし、30、40代と年齢を重ねていけばどうでしょうか?

体力も少しずつ衰えて、これまでのように無理をして働くことができなくなってしまいます。

さらには、フリーターの昇給はなく、いつに経っても収入源は変わりません。

休んだらそれだけ収入は減っていくことになるのです。

一方、正社員は年齢に応じて、昇給していきます。

さらにけが、病気をして働けなくなったとしても、その分の給料は何割が出ます。

頑張れば頑張るほど、出世しやすいので楽な仕事にをやれるかもしれません。

フリーターと違う最大の特徴は、仕事が安定しているところです。

だからこそ、将来的なことを考えるとフリーターよりも正社員で就職していくほうがいいのです。

いずれフリーターで若い時のように生活していくのはほぼ不可能になっていくのです。

20代なら正社員になれる

20代であれば正社員で就職できます。

というのも、未経験のまま30代になってしまうと雇ってくれる会社はないといってもいいです。

それは、同世代が即戦力で働いているのもあるし、教えることを考えると20代の若い人を取りたいからです。

教える時間もある程度は余裕を見ていかないといけませんからね。

20代でも同世代は、即戦力になっていることも多いですが、面接での熱意ややる気をアピールすることで、就職できる可能性はあります。

就職は若いければ若いほど有利なので、できるだけ早く就活することをオススメします。

でも、面接でアピールできるか不安な方も多いと思います。

就職支援サービスを使うことが得策

面接でアピールに自信がない人も、就職支援サービスを使えば就職できる可能性は十分にあります。

就職支援サービスは、一人一人に専任のコンサルタントがついてサポートしてくれます。

面接対策では、どんなことを言えばいいのか、質問の返し方や面接のコツなどこと細かく教えてもらえますよ。

最初はうまくできないかもしれないけど、あなたのペースに合わせて何回も練習をしてくれるので、きっと就職できるようになりますよ。

 

フリーターの平均年収と稼げる額はどのくらい

投稿日:

あなた、フリーターの平均年収はご存知ですか?

フリーターの平均年収は、200万円前後といわれています。

これは、正社員と比較すれば圧倒的な差になります。

今回は、フリーターの返金年収から将来性や正社員との比較に迫っていきます。

フリーターに平均年収

フリーターの平均年収は、150~200万円くらいといわれています。

だから、月収にすると12万5千円となります。

一方、正社員の平均年収は400万円くらいと歴然としても年収差があります。

フリーターも正社員も、若い20代前半の頃はほとんどありません。

むしろ、頑張り次第ではフリーターの方が稼いでいる方をいます。

それは、体力がありアルバイト2、3つ掛け持ちして、しかも時給が高ければ稼ぐ額も高くなります。

でも、それはしんどいはずです。

年齢もを重ねていけば体力が落ちてきて、今のように働くことができないことが多いです。

そうすれば、給料は下がっていきますよね。

だから、ずっとフリーターでやって、給料がずっと上がっていくことはないのです。

フリーターには、稼げる限度がある

フリーターには、30、40代になると稼ぐ額は体力が下がると同時に下がっていくのです。

そうすることで、生活していくのが難しくなる・・・

だから、もっと頑張ろうとする・・・

この繰り返しが、病気になる可能性だって考えられます。

年を重ねても、昇給があまりないのでずっと低賃金で働くことになります。

仕事内容も、変わらないことが多く、こきを使われ続けられることにもなります。

一方、正社員になれば昇給やボーナスといったことがある場合が多く、年々あげっていくことになります。

だから、フリーターと正社員では30歳あたりから圧倒的格差が生まれていくのです。

しかも、正社員は安定していて、もしも病気になって入院をしても、給料の何割かを払ってくれます。

稼ぎが途絶えるといいたことがないのです。

紹介したように、将来的なことを考えると正社員になっておくべきなのです。

フリーターから正社員に考えるべき

正社員は、フリーターと違って決まった時間に働く、責任感がある、残業があるなど嫌なことがあります。

しかし、最大の理由は仕事が安定しているということです。

病気になっても仕事が途絶えることはない、頑張れば平社員からステップアップすることができます。

だから、将来的なことを考えると正社員になることを考えるべきです。

ただし、30、40代になってからフリーターから正社員になろうと思っても難しいのです。

同世代は即戦力として働いていて、未経験の人は採用したがらないからです。

若ければ、未経験でも「育てていこう」と考えてくれる会社が多いです。

だから、この機会に正社員で就職することを考えるべきですね。

高卒フリーターが就職する為に必要なこと

投稿日:

あなたは、高卒だからといって就職できないと思っていませんか?

高卒は若さがあるので、そこを面接ではアピールできます。

しかし、フリーターをずっと続けていると就職が難しくなります。

今回は、高卒の必要なものや対策に迫っていきます。

高卒には若さがある

最終学歴が「高卒」ということが、コンプレックスという方も多くいます。

学歴が高ければ、就職に有利となります。

だからといって、学歴が高ければ就職できるというわけではありません。

学んだ知識や資格を面接で、うまく伝えることができないと不採用になることも考えられます。

また、若さの問題もあります。

大卒になれば22歳になっています。

就職は若ければ若いほうが就職しやすいのです。

これを踏まえると、高卒は18歳という年齢なので有利になります。

これはなぜかというと、教える時間に余裕が持てるからです。

初めて就職する人はもちろん未経験ですよね。

仕事内容のことろ分からない、社会人としてそうやっていけばいいのかもわからないです。

そのために、上司や先輩が教えていかないといけません。

教えるということは、時間をさくということなので、会社にとっては無駄な時間になるかもしれません。

また、覚えたことを一人でできて即戦力になることも考えると、ある程度の時間がかかってしまいます。

だから、高卒は年齢に関しては有利になるのです。

若ければ、就職に前向きな会社は多くあります。

以前は、学歴重視の会社が多かったですが、今は実力や人柄を見て決めている会社も多くあります。

でも、高卒フリーターになって、就職しないままだと「若さ」がなくなっていきます。

できるだけ早く就活するためには、必要なことがあります。

高卒フリーターが就職する為に必要なこと

若さということを紹介しましたが、面接でアピールできることは「協調性」なのです。

協調性とは、一人一人環境や立場が違う人同士が、互いの助け合って一つの目標に向かってやっていくことです。

そのためには、意見を出し合ったり協力することが大切なのです。

やる気や熱意といったことがなければ、仕事が嫌になるケースだってあります。

だから、面接では同様に仕事に向き合っていきたいか、そんな気持ちで取り組んでいきたいかといったことをアピールする必要がありますね。

アピールすることに自信がないというあなたは、就職支援サービスを使ってみることをオススメします。

就職支援サービスを使ってみることもオススメ

就職支援サービスは、一人一人に就職コンサルタントがついてサポートしてもらえますよ。

面接対策では、どのようにアピールすればいいのか、何を言ったらいいのかなどアドバイスをもらいながら練習を積みかs寝ることができます。

高卒フリーターでも、「協調性」ことをアピールできるようになるので就職することができますよ。

まとめ

  1. 高卒は、学歴があるとは言えないが若さがあるので就職できる
  2. 求められることは「協調性」
  3. 高卒フリーターでずっといると若さがなくなり、就職が難しくなる
  4. 面接でアピールに自信がない人は、就職コンサルタントに見てもらうことがオススメ

大卒フリーターは、3年以内に就職しないとヤバイ

投稿日:

あなたは、大卒で就職できると安心していませんか?

大卒は就職が有利です。

でも、時間が過ぎていけば大卒の価値がなくなります。

今回は、大卒フリーターがどうやって就活すればいいのか、対策法を紹介していきます。

大卒フリーターは、3年以内がタイムリミット

大卒だから就職できるわけではありません・・・

確かに大学を出ていれば、有利になります。

会社は、即戦力になる人材を求めているからです。

大卒だと、専門知識や資格などがあり、仕事に活かすことができます。

だから、仕事の幅が広がり就職できる可能性があります。

しかしながら、大卒ということでデメリットもあります。

それは、年齢の問題です。

一般的に、大学を卒業していれば22歳ですよね。

高卒で就職した人は18歳で、学力には劣るものの22歳だと少しずつ即戦力になっています。

大卒フリーターは、知識はあるけどまだ働いたことがなく、職場に入って一応覚えるところからになります。

教えたことがすぐできる人もいれば、何回もおいせないとできない人もいます。

仕事は、勉強と違って覚えたことをそうやって活かすことができるかが重要です。

それは、仕事をさせてみないと分からない部分もありますからね。

いくら大卒フリーターが有利だからといって、すぐ就職できるとは限りません。

就職できなければ、何も身に付かないまま年を重ねていくことになります。

そうなってくると、大学で覚えた知識や資格を活かすことができなくなっていくので、就職が不利になります。

「大卒が有利」なるのは、卒業してから3年以内がタイムリミットです。

つまり、25~26歳くらいまでが大卒が有利となります。

そこからは、大卒がほぼ無意味になってくるので、ヤバイことになります。

だから、できるだけ早く就職活動に本腰を入れるべきです。

大卒に求められるものは?

大卒に求められることは、ちょっと紹介した専門知識や資格です。

これを就職活動でどうやって活かすことができるかということになります。

一番は、面接ではないでしょうか?

書類選考では、時間をかけて考えながら書くことができますが、面接は一回ぽっきりです。

だから、面接官にそのようにアピールできるかにかかっています。

せっかくあなたにアピールできるところがあっても、面接官に伝わらなければ意味がないですからね。

アピールには、あなたの知識や資格がどのように活かすことができるんか具体例をいいながら言うと、説得力が高まります。

面接に自信がない人は就職コンサルタントの力を借りることもオススメですよ。

就職するには?

就職コンサルタントは、一人一人に合わせた面接練習をしてもらえます。

就職支援サービスに登録することで利用することができますよ。

どうやってアピールしたらいいのか、質問に対する答え方など丁寧アドバイスをもらうことができます。

最初は上手くできないかもしれないけど、あなたのペースに合わせて教えてもらうことが可能ですよ。

せっかくの「大卒」を無駄にしないためにも、面接に自信がない、書類の書き方が分からない、就職かんして不安なことでも使ってみてはどうでしょうか?

まとめ

  1. 大卒は、専門的な知識や資格が有るからこそ、就職が有利になる
  2. しかし、大学を卒業して3年もすると、年齢も重ねて「大卒」ということが無駄になってしまう
  3. 面接では、どうやったら仕事に活かすことができるんかアピールすることが重要
  4. 面接に自信がない人は、就職コンサルタントにアドバイスを求める
  5. 大卒の価値は、3年がタイムリミットで就職できなけらばヤバイので、できるだけ早く就職する

フリーターが就活していくために知っておいてほしいこと

投稿日:

フリーターから早く就職したい・・・

就職するために、知っておいてほしいことがあります。

これができるだけでも、就活がずいぶん楽に感じられますよ。

今回は、就活す前に考えることや知っておいてほしいことに迫ります。

就活する前に考えること

就活をしていくうえで、なんの考え方のないまま突き進みとかえって大変なことがあります。

それはどんなことでしょうか?

正社員になって何をしたいか

「正社員になりたい」これだけを口にする人も多くいます。

面接のときに、あなたの思いが面接官に伝わらなくなり、不採用なるケースがあります。

就職して、何をしていきたいか、どうなっていきたいか「目標」を自分の中で決めておくことが大切です。

これができると、仕事で辛いことや分からないことがあっても、自分で解決したり立ち直りができたりします。

しかし、なければすぐ嫌になって辞めてしまう場合も多いのです。

そうならないためには、就職してからの「目標」を決めておきましょう。

年齢を見据えて

正社員で就職する為に、気にしてほしいことが「年齢」です。

何歳になっても、熱意ややる気で採ってもらえると何のです。

一つの壁が30歳までとなっています。

30歳を超えてしまうと、正社員で就職することは難しくなってしまいます。

これは、どの業界でもそうですが、30歳までに言就職できないとフリーターで暮らしていくことになります。

20代であれば、先ほどの熱意ややる気があれば未経験でも就職することに可能性があります。

とはいっても就職は若ければ若いほど有利となります。

ですので、正社員で就職するには、できるだけ早く行動することが大切ですよ。

就職期限を決める

就職活動はダラダラ動くより、期限を決めて動いたほうがいいです。

人は、なんでも期限を決めるとやる気が出るものです。

3か月と決めるなら、その間でどのように動いていけばいいか計画を立てておくことが必要ですw。

面接も、一回で決まればいいですが、そうはいかないこともありますからね。

でも、一回一回反省をして改善していくことでより早く就職することができますよ。

それでは、改善するためにどのようなことを準備しておけばいいのでしょうか?

就活前に知っておいてほしいこと

就活前に準備しておくと、面接であなたの熱意ややる気が伝わりやすくなります。

いくつかあるので紹介していきます。

自己分析

自己分析が、あなたの強みを引き出すことです。

これまでの部活動やボランティアなどから、乗り越えたこと努力したことがあなたの強みになります。

強みが自己アピールにつながります。

紙に書き出してみて、考えて見てくださいね。

企業分析

企業分析は、会社のホームページを見て、企業理念や企業目標などを調べることです。

調べておくと、就職してからどんなことがしていきたいか見えて気安くなります。

企業分析と先ほどの企業分析を合わせていってみることで、説得力が増します。

プロのサポート

自己分析と企業分析をしたら、うまく伝えられるように面接練習をして行くことが重要です。

家族や友人、あるいは就職コンサルタントに見てもらうことで、どこができていないとか、改善ポイントをアドバイスもらえますよ。

プロ目線だから言えることがきっとあるはずなので、ぜひ受けてみてくださいね。

まとめ

フリーターが就活するために考えなければいけないことは、

  • 正社員になって何をやりたいか目標を決めること
  • 年齢を30歳までに就職できないと厳しくなる
  • 就職時期を決めること
  1. 就職前にしておいてほしいことは自己分析、企業分析をすること
  2. 家族や友人に、プロの就職コンサルタントにアドバイスを求めて面接練習をしておくこと
  3. フリーターから正社員に早くなるためにも、早めに行動することが大切