あなたは、フリーターで生活していこうと思っていますか?

フリーターは、年齢jを重ねるごとに生活が厳しくなることが多いです。

だから、20代のうちに正社員で就職しておくことがオススメします。

今回は、正社員になるべき理由や対策法に迫っていきます。

フリーターで生活していくのは不可能

フリーターで生活していくことは、将来のことを考えると難しいといえます。

20代の若いうちだと体力もあり、アルバイトを複数個掛け持ちしてもお金を稼ぐことができます。

だから、同世代の正社員よりも収入が高いかもしれません。

しかし、30、40代と年齢を重ねていけばどうでしょうか?

体力も少しずつ衰えて、これまでのように無理をして働くことができなくなってしまいます。

さらには、フリーターの昇給はなく、いつに経っても収入源は変わりません。

休んだらそれだけ収入は減っていくことになるのです。

一方、正社員は年齢に応じて、昇給していきます。

さらにけが、病気をして働けなくなったとしても、その分の給料は何割が出ます。

頑張れば頑張るほど、出世しやすいので楽な仕事にをやれるかもしれません。

フリーターと違う最大の特徴は、仕事が安定しているところです。

だからこそ、将来的なことを考えるとフリーターよりも正社員で就職していくほうがいいのです。

いずれフリーターで若い時のように生活していくのはほぼ不可能になっていくのです。

20代なら正社員になれる

20代であれば正社員で就職できます。

というのも、未経験のまま30代になってしまうと雇ってくれる会社はないといってもいいです。

それは、同世代が即戦力で働いているのもあるし、教えることを考えると20代の若い人を取りたいからです。

教える時間もある程度は余裕を見ていかないといけませんからね。

20代でも同世代は、即戦力になっていることも多いですが、面接での熱意ややる気をアピールすることで、就職できる可能性はあります。

就職は若いければ若いほど有利なので、できるだけ早く就活することをオススメします。

でも、面接でアピールできるか不安な方も多いと思います。

就職支援サービスを使うことが得策

面接でアピールに自信がない人も、就職支援サービスを使えば就職できる可能性は十分にあります。

就職支援サービスは、一人一人に専任のコンサルタントがついてサポートしてくれます。

面接対策では、どんなことを言えばいいのか、質問の返し方や面接のコツなどこと細かく教えてもらえますよ。

最初はうまくできないかもしれないけど、あなたのペースに合わせて何回も練習をしてくれるので、きっと就職できるようになりますよ。

 


Fatal error: Call to undefined function wp_related_posts() in /home/ejlhawl2/public_html/wp-content/themes/keni70_wp_standard_blue/single.php on line 59