あなた、フリーターの平均年収はご存知ですか?

フリーターの平均年収は、200万円前後といわれています。

これは、正社員と比較すれば圧倒的な差になります。

今回は、フリーターの返金年収から将来性や正社員との比較に迫っていきます。

フリーターに平均年収

フリーターの平均年収は、150~200万円くらいといわれています。

だから、月収にすると12万5千円となります。

一方、正社員の平均年収は400万円くらいと歴然としても年収差があります。

フリーターも正社員も、若い20代前半の頃はほとんどありません。

むしろ、頑張り次第ではフリーターの方が稼いでいる方をいます。

それは、体力がありアルバイト2、3つ掛け持ちして、しかも時給が高ければ稼ぐ額も高くなります。

でも、それはしんどいはずです。

年齢もを重ねていけば体力が落ちてきて、今のように働くことができないことが多いです。

そうすれば、給料は下がっていきますよね。

だから、ずっとフリーターでやって、給料がずっと上がっていくことはないのです。

フリーターには、稼げる限度がある

フリーターには、30、40代になると稼ぐ額は体力が下がると同時に下がっていくのです。

そうすることで、生活していくのが難しくなる・・・

だから、もっと頑張ろうとする・・・

この繰り返しが、病気になる可能性だって考えられます。

年を重ねても、昇給があまりないのでずっと低賃金で働くことになります。

仕事内容も、変わらないことが多く、こきを使われ続けられることにもなります。

一方、正社員になれば昇給やボーナスといったことがある場合が多く、年々あげっていくことになります。

だから、フリーターと正社員では30歳あたりから圧倒的格差が生まれていくのです。

しかも、正社員は安定していて、もしも病気になって入院をしても、給料の何割かを払ってくれます。

稼ぎが途絶えるといいたことがないのです。

紹介したように、将来的なことを考えると正社員になっておくべきなのです。

フリーターから正社員に考えるべき

正社員は、フリーターと違って決まった時間に働く、責任感がある、残業があるなど嫌なことがあります。

しかし、最大の理由は仕事が安定しているということです。

病気になっても仕事が途絶えることはない、頑張れば平社員からステップアップすることができます。

だから、将来的なことを考えると正社員になることを考えるべきです。

ただし、30、40代になってからフリーターから正社員になろうと思っても難しいのです。

同世代は即戦力として働いていて、未経験の人は採用したがらないからです。

若ければ、未経験でも「育てていこう」と考えてくれる会社が多いです。

だから、この機会に正社員で就職することを考えるべきですね。


Fatal error: Call to undefined function wp_related_posts() in /home/ejlhawl2/public_html/wp-content/themes/keni70_wp_standard_blue/single.php on line 59