あなたは、正社員で就職しようと考えていますか?

フリーターで、この先を生活していくのは難しくなります。

それは、体力の衰えがあるからです。

今回は、フリーターの現状や将来のことに迫っていきます。

フリーターとは

フリーターとは、アルバイトで生計を立てている人のことを言います。

最近は、就職に失敗してとりあえずアルバイトをして、そのままフリーターで過ごして人が多いのです。

そのなかには、アルバイトをしながら夢や希望を追い求めてる人もいます。

ですが、フリーターの生活に慣れてしまっている人もいるのです。

正社員では、非正規社員社員として働いているのです・・・

特にフリーターの中でも、15~34歳の若年者と呼ばれる人が急増していて「若者ハローワーク」という窓口を設けて動き出しています。

ですが、一度でもフリーターになってしまうと、就職できないしこっちのほうが楽だと思ってしまいます。

それでも何とか働いて社会に貢献しているので、まだまだいいのです。

フリーターとニートの違いとは

フリーターとニートを一緒に考えてしまう人もいますが、違いがあります。

フリーターは、アルバイトや契約社員などで生計を立てている人のことです。

一方、ニートは学校にも行かずに働きもせずに生活している人のことです。

親の仕送りや貯金を切り崩して生活しています。

ニートよりかはフリーターはましとは言えます。

しかし、フリーターでずっと生活していくことは難しくなります。

フリーターの将来

あなたも見たことはあるはずです。

街中で、人ごみに紛れて寝たりして生活している人がいます。

あれは家賃が払えずに住むところがないために、日中はゴミをあさってリサイクルセンターに持っていったり、使えそうなものがあれば使ってなんとか生活しています。

会社を解雇になって、プライドが高くて雇われて働くことが嫌だという人もいます。

しかし、雇ってもらえないことも多いのです。

同じ未経験であれば、若い者人のほうが生き生きして熱意ややる気を感じられて、使いやすいです。

年老いを雇っても、使いにくいし、何をできないと思われてどこまで雇ってもらえないのです。

フリーターをしているあなたも、将来的このようになる恐れがあります。

だからこそ、若い20代のうちから正社員で就職して、安定した生活を手に入れるべきなのです。

30代になれば、未経験であれば正社員で就職することが難しくなります。

あなたも、今一度今の生活を見つめなおしてはいかがでしょうか?


Fatal error: Call to undefined function wp_related_posts() in /home/ejlhawl2/public_html/wp-content/themes/keni70_wp_standard_blue/single.php on line 59