あなたは、高卒だからといって就職できないと思っていませんか?

高卒は若さがあるので、そこを面接ではアピールできます。

しかし、フリーターをずっと続けていると就職が難しくなります。

今回は、高卒の必要なものや対策に迫っていきます。

高卒には若さがある

最終学歴が「高卒」ということが、コンプレックスという方も多くいます。

学歴が高ければ、就職に有利となります。

だからといって、学歴が高ければ就職できるというわけではありません。

学んだ知識や資格を面接で、うまく伝えることができないと不採用になることも考えられます。

また、若さの問題もあります。

大卒になれば22歳になっています。

就職は若ければ若いほうが就職しやすいのです。

これを踏まえると、高卒は18歳という年齢なので有利になります。

これはなぜかというと、教える時間に余裕が持てるからです。

初めて就職する人はもちろん未経験ですよね。

仕事内容のことろ分からない、社会人としてそうやっていけばいいのかもわからないです。

そのために、上司や先輩が教えていかないといけません。

教えるということは、時間をさくということなので、会社にとっては無駄な時間になるかもしれません。

また、覚えたことを一人でできて即戦力になることも考えると、ある程度の時間がかかってしまいます。

だから、高卒は年齢に関しては有利になるのです。

若ければ、就職に前向きな会社は多くあります。

以前は、学歴重視の会社が多かったですが、今は実力や人柄を見て決めている会社も多くあります。

でも、高卒フリーターになって、就職しないままだと「若さ」がなくなっていきます。

できるだけ早く就活するためには、必要なことがあります。

高卒フリーターが就職する為に必要なこと

若さということを紹介しましたが、面接でアピールできることは「協調性」なのです。

協調性とは、一人一人環境や立場が違う人同士が、互いの助け合って一つの目標に向かってやっていくことです。

そのためには、意見を出し合ったり協力することが大切なのです。

やる気や熱意といったことがなければ、仕事が嫌になるケースだってあります。

だから、面接では同様に仕事に向き合っていきたいか、そんな気持ちで取り組んでいきたいかといったことをアピールする必要がありますね。

アピールすることに自信がないというあなたは、就職支援サービスを使ってみることをオススメします。

就職支援サービスを使ってみることもオススメ

就職支援サービスは、一人一人に就職コンサルタントがついてサポートしてもらえますよ。

面接対策では、どのようにアピールすればいいのか、何を言ったらいいのかなどアドバイスをもらいながら練習を積みかs寝ることができます。

高卒フリーターでも、「協調性」ことをアピールできるようになるので就職することができますよ。

まとめ

  1. 高卒は、学歴があるとは言えないが若さがあるので就職できる
  2. 求められることは「協調性」
  3. 高卒フリーターでずっといると若さがなくなり、就職が難しくなる
  4. 面接でアピールに自信がない人は、就職コンサルタントに見てもらうことがオススメ

Fatal error: Call to undefined function wp_related_posts() in /home/ejlhawl2/public_html/wp-content/themes/keni70_wp_standard_blue/single.php on line 59